トップ院長より

内容

院長より

ふきの先生

 近代文明の発展と共に私たちの暮らしは便利になってきました。その反面、現代はハイテク、クルマ、グルメ、ストレス社会、経済優先社会、24時間社会などといわれ、私たちはストレスにさらされ易く、また偏食、過食、運動不足や働き過ぎになりがちな不自然な生活をおくりがちです。また、環境面からも食物、水質、大気の汚染や有害な化学物質、電磁波の増加、地球温暖化など心身の健康を害する要因が多くあります。心理社会面でも現在の経済不況、核家族化の進行やテレビ、インターネット、携帯電話等電化製品の誤用など関係していると思われる、離婚、失業、倒産、就職困難、イジメ、非行、自殺が増加しています。そして倫理道徳心も崩壊傾向にあり様々なストレスは増大していると考えられます。

そのうえ人間は、もともと野生の動物に比較して、病気にかかりやすい、「不自然性」を有していると考えられます。すなわち(1) 2足歩行をすることにより体が歪み、血液循環不良を起こしやすい。(2) 衣服を着ることで、皮膚の機能が衰えやすい。(3) 食物を加工したり、料理することにより、過食しやすく、宿便をためやすい。(4) 社会生活や生存競争を行うため、精神、肉体のストレスが増大しやすい。 (5) 頭脳が発達しているため、いろいろなことを考える反面、不安になったり、落ち込んだりしやすい傾向にあります。

以上の要因などにより、生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症、心臓病、肥満など)、アレルギー疾患、ガンなどの慢性疾患やうつ病、神経症、心身症、行動異常(過食症等)などのストレス関連疾患は近年、増加していると考えられます。また病気にはならないまでも、大人も子供も体質が虚弱化し、疲労感、腰痛、肩こりなど訴える人や元気のない人が増えている様に見受けられます。

こうした状態を克服し、私たちが健康を維持するためには、できる限り有害ストレスから身を守るとともに、対症療法中心の現代医学に依存し過ぎるのを改め、自然に即した、自分の弱点を補うような生活(養生法)を取り入れるなどして自然治癒力を高めることが大切であると考えます。

 以上のような観点にたって、「ふきのクリニック」では、現代医学に漢方、食事療法指導(自然食中心)、心理療法、光線療法、プラセンタ療法、各種点滴療法、西式健康法(甲田療法)など取り入れ、自然治癒力の向上を目指した統合医療(ホリスティック医療)を行うよう努めています。すなわち現代医学、漢方、心理療法、各種代替療法を行う他、生活医学(セルフケア)として(1) 食事療法(断食・少食療法など)により腸内環境を改善し、肝臓・腎臓など内臓の働きを強め、清浄な血液を循環させること(汚血の改善)、並びに(2) 各種運動療法や生活法により体の歪みやコリを是正し、自律神経を調整することが大切であると考えています。

治療のみでなく、予防や健康増進のヒントを得るためにもお気軽にご利用下さい。

2011年4月
院長 : 吹野 治

ページトップへ

院長のプロフィール

1975年
 鳥取大学医学部卒業
1977年
 九州大学医学部心療内科 その後、講師、医局長に着任
1986年より
 国立療養所鳥取病院医長(内科・精神科診療)、静岡県総合健康センター健康科
 学課長、松原徳洲会病院内分泌代謝内科部長などを経て、
2004年
 (財)生活環境問題研究所附属 健康の森内科診療所長(大阪府吹田市)
2008年
 ふきの予防医学研究所(2月)、ふきのクリニック(10月)を大阪府藤井寺市に開設
 現在に至る。

この間、内科(内分泌学専攻)、心療内科の臨床や研究に従事。
また予防医学の他、漢方や自然医学(断食療法、ヨーガ療法、西式健康法など)の研修も行う。

所属学会 : 日本心身医学会(心身医療「内科」専門医)、日本綜合医学会(学術委員)、日本統合医療学会など

その他 : 日本医師会認定健康スポーツ医、 日本医師会認定産業医、 医学博士


ページトップへ

西式健康法について

西式健康法とは


  • 西勝造(1884年から1959年)が編み出した健康法。
  • 西勝造は、日本初上野―浅草間の地下鉄敷設を担当した東京市電気局の技師。
    幼少の頃から病弱であった。そのため古今東西の医学や健康法を独学で研究。医学、宗教、哲学、栄養学、工学など7万3000冊の文献を読破。その中から、現代医学をはじめ、漢方、鍼灸、ヨガ、カイロプラクティック、指圧、呼吸法など362種の健康法を自ら実践、検証し体系化。1927年に「西式健康法」として、発表する。
  • 血液循環を促進し、体の歪みを是正して自律神経のバランスを整える。
    すなわち健康を増進する自然療法である。

西式健康法の概要

四大原則
健康は、「皮膚」「栄養」「四肢」「精神」の四条件により保たれている。そしてこの四者は緊密に関係している。すなわち一つ一つ分離していては、真の健康体は成り立たない。

  1. 栄養:
    バランスがとれていて生命力に富んだ食物を適量摂ることが大切。
    栄養とは身体をつくりあげこれを維持する四つの要素すなわち「食物」「水」「光」「空気」のことである。そして以下のことが重視されている。
     1) 「断食」で宿便を出し腸内環境を改善する
     2) 新鮮なビタミン、ミネラルを摂るため「生食」を重視する。生野菜ジュースその他、
     3) 生水を一日1-2リットルとる
     4) 排出を十分にするため朝食を食べない。半日断食
     5) ビタミンCをたくさんとる。柿の葉茶をとる。
  2. 四肢:
    手足や脊椎の歪みは病気の原因。骨格の歪みをとり、血液循環と自律神経の働きをよくすることが大切。
     六大法則:1.平床寝台 2.硬枕 3.金魚運動 4.毛管運動 5.合掌合蹠運動 6.背腹運動
  3. 皮膚:
    皮膚は内臓の一部。皮膚からの排毒を促す。
    方法として「温冷浴」「裸療法」がある。
    その他、薄着、各種湿布療法(からし湿布、里芋湿布、みそ湿布など)
  4. 精神:
    精神面からほかの原則をサポートする。
    「良くなる、能くなる、善くなる」と自己暗示をかける。(特に背腹運動中)

西式健康法のキーワード


  1. 症状即療法:
    症状即療法は、病気の症状を病気と闘っている体の自然の反応、つまり、“療法”と考える。
    例えば熱が出た場合、薬で熱を下げることはせず、むしろ暖かくして熱を上げ、汗を出すようにしむける。すると発汗によって体内の毒素は排出され、自然に熱も下がる。
    一方、西洋医学では、症状を病気とみなしてその症状を抑えようとする。例えば、風邪の時、解熱剤、せき止めなどで症状がおさまっても、病気そのものが治ったわけではない。
    但し、ある時点を過ぎて重症になったら、症状を「病気」とみなして処置をすることが必要となる。(症状の弁証法的認識)

    西洋医学にはない考え方であるが、慢性疾患に対処するのに大変重要な概念と考えます。(吹野)

  2. 宿便:
    西式健康法では、宿便を排出し腸内環境を清浄に保つことを重視している。
    胃腸の処理能力を超えて、負担をかけつづけた場合に、腸管内に渋滞する排出内容物を総称して、宿便という。(甲田光雄)

    宿便があるかないかは別として、とにかく腸内環境を良好に保つことは、特に慢性疾患に対処するには大変重要だと思います。(吹野)

  3. 断食療法:
    以下の効能があると言われている。
    • 身体に休養を与え、老廃物や毒物の排出能力がたかまる。
    • 消化管の蠕動がよくなり、宿便の排出により、腸からの不要物の吸収がなくなる。
    • 自己融解が促進され、老化・病的細胞が死滅、動脈硬化の改善
    • 過剰な栄養物の消耗、排出。肥満、高脂血症の改善
    • ストレッサーとして作用し、内分泌、自律神経系の調節に働き、恒常性の維持が回復、自然治癒力の活性化、免疫系の活性化が起きる。(脳のケトン栄養)
    • 精神的に鍛えられ、忍耐力が養われ、人生に自信がつく。
    • グローミュー(動静脈吻合枝)が再生される。
    • 細胞の飢えにより、血液循環の不到達点がなくなる。万病の改善、?血の解消
    • 遺伝子を活性化し体質を改善する。
    • モチリンを分泌し、腸管運動が活発になる。
    • 活性酸素をへらす。
    • 酸性体質からアルカリ性体質に変わる。
    • 快感、変性意識状態、神性意識をもたらす。

    断食療法や少食療法は、現代の飽食の時代において、大変重要かつ有用な療法であると思います。現代栄養学にないマイナス栄養学として再認識される必要があります。(吹野)

ページトップへ

甲田療法(西式甲田療法)の特徴


  1. 大阪府八尾市の開業医 甲田光雄医師(1924~2008)が多くの患者さんを西式健康法をベースとして診療した結果、現代人によりふさわしい形に改良した方法が、西式甲田療法である。
  2. 食事の種類、質、量を規制し、西式健康運動を実践し、体内の毒を排出し血液を浄化し、内臓の働きを活性化する。
  3. 西式健康法の次の4つの健康を守る条件
     1) 血液循環が完全であること。
     2) 左右の神経が対称であること。
     3) 背骨に狂いがないこと。
     4) 体内の酸・アルカリの平衡が保たれていること。
       上記に、次の条件を付け加えた。
     5) 内部環境(腸)が汚染されていないこと。
  4. 西式甲田療法は、食べ方や体の悪い癖を治す方法であり、正しく実行すればあらゆる病気に有効である。
  5. 少食の思想:少食は健康長寿の原点である。少食は愛と慈悲の具体的表現である。(少食の効能)
    • 少食は、健康と長寿を約束する。
    • 少食で、疲れず、よく働ける。
    • 少食で、頭脳が明晰となる。
    • 少食で、自然治癒力が高まる。
    • 少食で、便通がよく、宿便も排泄される。
    • 少食で、家庭経済も楽になる。
    • 少食で、短い時間で、ぐっすり眠れる。
    • 少食は、美容法である。(美人は少食)
  6. 宗医一体:宗教(心)と医学(体)は一体:「甲田療法は病気の根源が結局誤った想念である事を正しく理解し、それを浄化するように努力することです」と甲田医師は述べている。そして「祈り」などもとり入れている。
ページトップへ

足首の上下運動

この運動は、ただ足首を上下に動かすだけですが、手軽に、膝の悪い人や病弱な人にもでき、しかも血液(体液)循環を改善する事により、病気の予防と治療にも応用できる運動です。当クリニックでも最近、患者さんに実施していただき良好な効果を上げています。
一度、お試し下さい。

  • 特徴
    1. 家に居ながらにしてできる。
    2. 1日10分程度の時間があればいい。
    3. 安全」「らく」で「簡単」しかも「速効性」の運動
    4. 高齢者、膝の悪い人や病弱な人にもできる。
    5. 血液(体液)循環を改善する事により、病気の予防と治療にも応用できる。
    6. 足首のゆがみが改善し、体のバランスを整える効果も期待できる。
    7. 毎日続けているうちにすぐれた効果を発揮する。
  • やり方
    1. 用意した丸太などを足の下に置きます。
    2. 仰向けに寝るか、座って両足を伸ばします。
    3. アキレス腱からふくらはぎにかけての部分を丸太の上に置きます。  
    4. 膝を伸ばしたままの状態で片足を20~30センチほど上げて、そのまま足の力を抜いてストンと丸太の上に落とします。
    5. 目安としては右足を10回行ったら、左足も同様10回行います。これを1セットとして、5セットぐらいやります。いずれにせよ無理はせず、できる回数から始め、慣れてきたら、徐々に増やしましょう。
    6. 1日に2~3回、空腹時や就寝時に行うとより効果的です。
  • 注意点
    1. 丸太に足首を下ろすときには足に力を入れすぎない。
    2. 落とす速度をゆるめたりしない。
    3. できだけ、実行前後に準備運動や整理運動(足首回し、膝の屈伸、体操など)を行う。
  • 効果が期待できる疾患
    1. (特に有効なもの):足の痛みやだるさ、ひざ痛、下肢静脈瘤、むくみ、腰痛、便秘など
    2. (効果が期待できる疾患):生活習慣病一般、アレルギー疾患、腎臓病、心臓病、不整脈、めまい、耳鳴り、ふらつき、冷え症、心身症、脳卒中後遺症、ガン、その他など
  • 基本原理
    1. 筋ポンプ運動: ふくらはぎの筋肉が静脈内の血液を心臓に押し戻すポンプの役目をしている。
    2. ふくらはぎの筋肉部分をトントンすることで筋肉のポンプ作用を活性化させることができる。
    3. 横になって行う運動なので、体液の流れが重力の影響を受けない。よって体液の流れが更にスムーズになる。
ページトップへ

病気との向き合い方

【 闘病と従病 (ショウビョウ) ついて 】

病気には、(1) 急性疾患や外傷などのように治療や養生で短期間に治っていくものと、(2) ガン、アレルギー、リウマチ、生活習慣病、うつ病などの慢性疾患(もともとの体質などに関連性もある)のように治りにくい病気や、また、(3) いろいろな治療、養生をしても治らない病気(手遅れの病態や組織の不可逆的変化を伴うもの)があります。

(1) の治りやすい病気には、闘病的態度すなわち病と闘うという態度でしっかりと治療や養生をすればよいでしょう。一方、(2) の慢性疾患など治りにくい病気や(3) の治らない病気に対しては、「闘病」より「従病(ショウビョウ)」(人間学的心身医学で使用)すなわち、適当な養生をしながら、生甲斐を求め「病と共に力まないで生きる」のこころがまえで向き合った方が病気の改善にも良い影響を与えるようです。一方、病気は治さなければいけないものと考え、こういう治りにくい病気に対してもむやみに闘病的になることは、かえってストレスをまし、病気の経過にもかえって良くない影響を与えるばかりでなく、疲れ果ててしまい一生を棒に振ってしまうことも少なくないようです。従って、発想を転換して、病気を治すことにではなく、人間らしく、自分らしく生きることに人生の目的があると考え、薬は控えめにし生活習慣を適切に改善(養生)して生きるとよいでしょう。

仏教では、人間はさまざまな業(ゴウ)を背負って生きており、四百四病(シヒャクシビョウ)を体の中に抱えていると考えています。ある意味で、生きている人間はすべて病人であり、病、苦しみに「耐え抜く」ことが大切であると考えます。良寛禅師も「災難に逢(あう)時節(じせつ)には、災難に逢がよく候」と、あまり病気や健康を気にし過ぎず、とらわれない精神が大切であると説いています。私も日常診療をしながら、慢性疾患が増加している今日、「病と共に生きるという(仏教では同治という)」考え方で病と向き合い、生甲斐を求めながら人生を充実させることが特に必要であると感じています。

ページトップへ
ふきのクリニックのマーク

ふきのクリニック

  • 院長 : 吹野 治
    〒583-0035
    藤井寺市北岡1-8-36
    TEL 072-968-8851
ふきのクリニックのハートオブジェ
Copyright (C) ふきのクリニック All Rights Reserved.